はじめてのペット

初めてのペット

 初めてワンチャンやネコチャンを飼い始めると、どんな予防をしてあげればいいのかわからない飼い主さんも多いはず。そこで、最低限しなくてはならない予防についてお話します。
他にもノミ対策・狂犬病予防注射・寄生虫の定期駆虫・定期健康診断など、皆さんの大切なペットたちの健康管理には考えていただかなくてはいけない事が多くあります。動物病院スタッフにお気軽にご相談下さい。


ワクチン

ワクチンとは?

 各種感染症のウイルスの毒素を弱めた抗原のことです。ワクチンが体内に入ると、この抗原に対抗するための抗体が体内で作られます。そのために、次に本物の強い病原体が体の中に入ってきてもその抗体で病原体を退治することができるようになるのです。簡単に言うとバイ菌の予行演習です。


ワクチンの接種時期

 子犬や子猫は母親の母乳を飲んでいる時期は母親からの移行抗体(免疫)によって守られています。この抗体はいろいろな病気に対しての免疫物質を多く含んでいますが、母乳から離乳食に切り替わることにより8〜14週でなくなってしまいます。そこで、母親からの抗体が切れた頃にワクチンの接種をするのです。ただし、母親の抗体が残っている間は、いくらワクチンを接種しても抗体は作られないので、生まれたばかりの子犬や子猫はワクチン接種が数回必要となります。また、ワクチンの抗体は1年で切れてしまいますから、2年目以降も年1回のワクチン接種が必要です。

ワクチンの種類

 イヌは5〜9種、ネコは3〜7種までの感染症に対するワクチンの種類があります。どのワクチンが最適なのかは、生活環境や飼育方法などによって異なってきますので、獣医師にご相談ください。
*ネコ7種混合ワクチン・・・猫カリシウイルスには多くのタイプがあり、3種・4種混合ワクチンでは1つのタイプのカリシウイルスの予防しかできませんでしたが、7種混合ワクチンでは3タイプのカリシウイルスを予防することができます。



フィラリア

フィラリア症とは?

 心臓や肺動脈に細長いそうめん状の腺虫(フィラリア)が寄生して、循環器障害、呼吸障害、腎肝疾患などを引き起こします。
ほとんどは無症状のうちに病気が進行し、物が詰まったような咳をする、疲れやすくなったなどの症状がでた時には、かなり障害が進んでいて死に至ることもある恐ろしい病気です。


フィラリア症はどのように感染するのか?

 フィラリアに感染している犬の血液を吸った蚊が他の犬を刺すことにより感染します。
成虫になったフィラリアはたくさんのフィラリアの子虫(ミクロフィラリア)を生みます。
このミクロフィラリアを吸血した蚊がまた他の犬を刺すことにより、フィラリアは広がって行く事になります。つまり、感染している犬がいる限りフィラリア症は無くならないのです。


予防するには?

 愛犬をフィラリア症から守るためには蚊に刺されないことが一番ですが、それは無理な話です。結局は寄生した幼虫を殺す薬を飲んでおく事で予防するしかありません。現在、主流となっている予防薬は月に1回(5月頃〜12月上旬)飲ませるタイプが一般的です。





▲ページ上に戻る